記事詳細

“まな弟子”JR東日本・田嶋に喝! 左腕なら左打者は絶対抑えろ

 今秋ドラフトの目玉でJR東日本のエース左腕、田嶋大樹投手(20)が29日の都市対抗野球・東京第1代表決定戦のNTT東日本戦(神宮)に先発したが、5回5失点KOを喫した。

 田嶋は昨年までJR東日本で外部コーチを務めていた僕が、直接指導に携わった投手だ。

 左のエースがこれじゃあ、いけないよ。2回に3安打を浴びて2点、5回に4安打を集中されて3点を失いマウンドを降りるようではね。

 被安打9のうち、左打者に6、右打者に3。これが左右逆の数字ならまだ分かる。だが、左のエースが抑えてほしいはずの左打者にいいように打たれているのは、ベンチは納得しないだろう。

 左打者に打たれる理由はひとつ。インコースをしっかりと突けていないからだ。この日の最速は151キロ。スライダーもチェンジアップも一級品だが、投げるコースが外角ばかりに偏っているから思い切り踏み込まれて気持ちよくスイングされている。この試合の田嶋の投球は『ただ投げているだけ』でピッチングになっていなかったといわざるを得ない。

 いかに自信を持って内角に飛び込めるかは、経験が必要になる。田嶋の入社直後に指導させてもらったが、能力的には抜群。ドラフト1位間違いなしといっていい。必要なのは場数だけだ。

 チームは離れたが、今後も教え子たちの投球にはしっかりと目をこらしていきたいね。  (元ヤクルト投手・安田猛)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう