記事詳細

バックスイングは当たらないときほど大きくしろ (1/2ページ)

 【今週の質問】ダフったりトップしたりすることが多いので、距離は少し抑え気味にして、もうすこしコンパクトなスイングで確実にミートするスタイルに変更したいと思っています。ミート率の上がるトップをつくるにはどうしたらいいですか。

 バックスイングを大きくとると、大振りになってミート率が下がるような気がするかもしれない。しかし、飛ばすためだけでなく、確実にミートするためにも、バックスイングは大きい方がいい。

 コンパクトなトップを取って〔写真(1)〕、振幅の小さなスイングをすればヘッドをボールに当てやすいということはいえるかもしれないが、いい当たりはしない。一度小さくすると、どんどん小さくなってくるので、決して良い結果にはなっていかない。手先で合わせるようなスイングになって飛距離も方向性も失っていく。

 当たらないときほど、大きなバックスイングにすることが必要だ。ワイドに上げて(2)(3)、スエーでも構わないのでしっかり右足に乗っていき、肩もあごの下にしっかり入れる。トップでグリップの位置は高すぎるくらいでもいいし(4)、オーバースイングになってもいいから思い切り大きくとる。

 それから、足を使って左に踏み込んでいくように振っていけば、手先で合わせるのとは対照的なダウンスイングになる。下半身でタイミングを取って、腕は受動的に使われる形になってくるが、この方がスイングは強い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう