記事詳細

アイアンでターフは1ミリも飛ばしてはいけない理由 (1/2ページ)

 【今週の質問】アイアンでターフをどれくらいとったらいいでしょうか。テレビでプロを見ていると、ほとんどの人がターフを飛ばしてアイアンを打っています。わらじのようなターフを飛ばしているプロもいるし、少しだけ芝を削るような打ち方のプロもいます。アマチュアがまねをするとしたらどちらですか。

 ◇

 ターフは1ミリも飛ばしてはいけない。アイアンでは必ずボールだけを打つ。芝を打つ必要は全くない。

 ターフを取るように打たないと当たりが薄くなるという人がいる。そういう人は、厚い当たりをするためにターフを取った方がいいと思っているようだが、それは勘違いだ。ターフを取りにいくような打ち方(写真〔1〕)は百害あって一利無しだ。

 テレビに出てくるプロはターフを取っているかもしれないが、別に取ろうとしているわけではない。あくまでもボールを打った結果、その後にクラブヘッドが芝に当たって削ってしまっているだけ。

 要するに本質とは関係のないところで、無駄な動作で芝を傷つけているのだ。ターフを飛ばしてうまく打てるならそれでもいいが、あくまでも打つのはボールだ。

 ショートアイアンは縦に振るので上から入ってターフが飛び、フェアウエーウッドは横に振るのでターフは飛ばないというようなこともよく言われる。

 しかし、本来スイングはすべて同じ。円い軌道で、曲線の一番低いところで打つのが正しい。打った後は上昇軌道に入るのだから、ショートアイアンだから、ことさら芝を打つということはない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース