記事詳細

“軸”は背骨にあらず、空中に 大きな円軌道で打てばスイングは安定する (1/2ページ)

 【今週の質問】スイング軸を意識する必要はない、と以前佐藤プロはおっしゃっていました。しかし、どこかを中心にしないと、円いスイング弧を描くイメージが出ない気がするのですが…。

 背骨を軸にするイメージを持つと、スイングが窮屈になってしまうのでよくない。

 左右への体重移動や、足の自然な動きが阻害される。頭の位置を固定して、コンパスで円軌道を描くようなイメージを持つとうまく当たりそうな気がするかもしれないが、それほどいい球は出ない。スイングが小さくなるからだ。

 背骨を軸としている人は、首のあたりからクラブヘッドまでの距離を半径とした円軌道のスイングをイメージしている。しかし、この半径では短すぎて最大の飛距離は出せない。

 それよりも、頭も背骨も動かせば、もっと長い半径の大きなスイングの弧をイメージできるのだ。

 軸を背骨にしている場合(写真〔1〕)と、軸を考えないで振った場合(〔2〕)のスイングの大きさの差は歴然だ。考えない方が振りやすいので、思い切り振り切ることができる。飛距離も出るし、結果的にスイングは安定する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース