記事詳細

王会長が断言「11球団は清宮1位指名でいく」 ドラフト史上最多で“野茂超え”必至 (1/2ページ)

 ソフトバンク・王貞治球団会長(77)が、今秋ドラフトの目玉で早実の後輩にあたる清宮幸太郎内野手(3年)について注目発言だ。

 12日に都内ホテルで行われた「第27回世界少年野球大会横浜大会」(8月8日~16日)の開催要項発表会見に、世界少年野球推進財団(WCBF)理事長として出席。

 「清宮はプロで通用する。本人がプロ野球へ行くと宣言すれば、11球団は(1位指名で)いくんじゃないか。すでに何球団かいくと言っているしね」と語った。

 通算868本塁打の“世界の王”が、プロ入りに太鼓判を押したのだ。もともと王会長は、早実の後輩だからといって社交辞令を口にしたりはしない。むしろ後輩には将来を考えシビアな態度を取るのが王流だ。

 実際、2006年夏の甲子園で駒大苫小牧・田中将大(楽天→現ヤンキース)と死闘を演じ優勝、“ハンカチ王子”の異名を取った早実・斎藤佑樹(現日本ハム)に対しては早大進学を強く説いた。

 「芸能人みたいに“ハンカチ王子”などと、テレビの昼のワイドショーで大騒ぎされているような人気は本物ではない。大学に進学し本当の野球の実力を身につけてからプロ入りした方がいい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース