記事詳細

明るいソフトバンクと対照的な巨人 「責任問題が今後現場にもおよぶのか?」なんてひそひそ話も…

 13日の巨人-ソフトバンク戦(東京ドーム)を実況しました。試合前の両者の雰囲気は対照的でした。

 巨人はこの日、堤GMの退任発表があったこともあり、とにかく重苦しい空気。成績不振の責任問題が今後現場にもおよぶのか? なんてひそひそ話も。こうなると取材も気を使います。

 一方のソフトバンクは一様に明るい。元ニッポン放送ショウアップナイター解説の達川ヘッドコーチは「内川とデスパイネがいないとさすがにしんどいよ。単に彼ら二人の問題じゃなく、柳田に対する攻めが変わってきよる」と眉をしかめつつも、「川崎は本当にムードメーカー。アメリカンスタイルでありながら日本式にもちゃんと順応するから」と笑顔。

 清水バッテリーコーチは「若いキャッチャーが伸びてきている」と手応えを感じ、立花打撃コーチも「主力がいなければみんなでなんとかしようとするのが伝統」と底力に確信を持っている話っぷりでした。

 あるチームスタッフの方は、「つぎはぎで主力選手を取ってきてしまうと、なかなか若手は伸びにくいでしょう」とやんわり巨人流を揶揄していました。でも、ソフトバンクも結構取ってきてると思うのですが、こちらはうまく機能してるんですよねぇ…。 (フリーアナウンサー・松本秀夫)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース