記事詳細

「ブレ球」蹴ってクリロナになろう! インサイドでボールの芯狙え (1/2ページ)

 世界NO・1サッカー選手といえばクリスティアーノ・ロナウド(32)=レアルマドリード=を挙げるファンも多いだろう。独身だが6歳の息子がいて、美人ショップ店員のジョージナ・ロドリゲスさん(22)がいながら、今月8日には米国人代理母が双子を出産。マテオ(男子)とエヴァ(女子)と名付けられた。さらに13日には、2011年から4年間で約1470万ユーロ(約18億1000万円)の脱税容疑でマドリード検察に起訴されるなど話題満載。このスーパースターがFKやシュートで得意にしている「ブレ球」を、元日本代表の水沼氏に蹴ってもらった。

 えっ? クリロナのブレ球を蹴ってほしいって!? あはは、なかなかすごいリクエストがきたね。とにかく高い技術が必要だから、よほど練習しないと、100年たっても蹴ることができないかもね。

 ブレ球とは、無回転ボールが空気抵抗で不規則に変化する球質のことだ。GKにとっては軌道の予測が難しいのでキャッチしづらい。ある程度の速度がないと変化しないが、速すぎてもダメ。ちょうどいいスピードで、正確に無回転で蹴ることがポイントになる。

 まず大事なのは、足のどこに当てるか。無回転が出やすい足のポイントは十人十色だが、普通は足の甲の堅いところがいい。クリロナはインサイドかインステップで蹴り、プロ野球の大魔神・佐々木投手のフォークボールみたいに、縦に大きく落ちる変化を使ってゴールを狙ったりする。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース