記事詳細

“逆輸入の新星”ケプカが逆転V!「信じられない」 14番から3連続バーディー 全米OP

 ■メジャー第2戦「全米オープン」最終日(18日、ウィスコンシン州エリンヒルズGC、7741ヤード、パー72)

 11アンダー2位タイから出たブルックス・ケプカ(27)=米国=が67で回り、通算16アンダーで逆転優勝した。

 14番から3連続バーディー。難しい15番で4メートルを沈めて15アンダーとすると、16番でも下りの難しいパットを沈めた。「特別な思いで、信じられない。今日は自分のゴルフだけをやろうと思った」

 2014年までは欧州を主戦場としていた逆輸入の新星。15年から米ツアーに参戦し、同年、「フェニックス・オープン」で初勝利を挙げたが、このときも松山は2位だった。昨秋は日本ツアーのダンロップ・フェニックスで池田勇太に競り勝った。

 183センチ、84キロの飛ばし屋。世界ランキング22位。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう