記事詳細

強風に泣いた優作「課題ありすぎて…分からない」 通算9オーバー60位 全米OP

 ■メジャー第2戦「全米オープン」最終日(18日、ウィスコンシン州エリンヒルズGC、7741ヤード、パー72)

 51位から出た宮里優作(36)はバーディーなしの7ボギーで79と崩れ、通算9オーバーで60位に終わった。強風が吹き、難コースで苦戦した。2年連続で予選を通過したものの、3日目から調子が落ちて、最終日は厚い壁にはね返された。

 「アイアンもドライバーもコントロールがきかなかった。悪いイメージしか残らなかった。課題はいっぱいありすぎて分からないほど。来月は全英もあるので、しっかり対策をしたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう