記事詳細

広岡達朗氏が直言!巨人・由伸監督「辞める」宣言せよ 交流戦の“惨状”責任はフロント、“脱ポーカーフェース”で変貌を (1/3ページ)

 巨人はセ・パ交流戦を6勝12敗、12球団中10位で終えた。首位広島に11.5ゲームの大差をつけられた惨状で、23日の中日戦(東京ドーム)から同一リーグ内の対戦を再開する。テコ入れ策として鹿取義隆GMが誕生したが、指揮官である高橋由伸監督(42)の責任は問われなくて良いのか。巨人OBで、かつてヤクルト、西武を弱小球団から日本一へ育て上げた名将、広岡達朗氏(85)は、来季も生え抜きの高橋監督続投を支持。ただし、前提として厳しい条件を突き付けた。

 「私は由伸を責めるつもりはまったくありません。なぜなら彼は勉強する時間も、経験を積む機会も与えられないまま就任したからです。彼を監督にしたフロントの責任ですよ」

 まず広岡氏はこう断言した。

 高橋監督は2015年オフ、本人は現役続行を強く望んでいたにも関わらず、クライマックスシリーズ敗退をうけて辞任を表明した原辰徳前監督の後任として、球団側の要請を受け入れる形で就任した経緯がある。15年に選手兼任打撃コーチを1年間務めた程度で、指導経験といえるものは皆無に近かった。

 広岡氏は「私は長嶋監督(現終身名誉監督)時代に『チョーさん(長嶋氏)、永久に監督を務めることはできないんだ。在任中に次の監督を育てなければいけない。しかるのちに監督の座を譲り勇退すべきだ』と助言しました。長嶋は『ヒロさん、その通りだよ』と言って原をコーチとして迎えて後継者にした。しかし、原は誰もつくらないまま辞めてしまった」とも指摘する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース