記事詳細

日本に脅威!善戦のオーストラリア、強豪ドイツから2ゴール コンフェデ杯

 ロシアで開催されているサッカー「コンフェデレーションズ杯」グループリーグで、8月のW杯最終予選で日本と激突する豪州が19日、W杯ブラジル大会王者のドイツと対戦。2-3で敗れたものの善戦した。強豪から2得点を挙げた攻撃力は日本には脅威となるだろう。

 70%近いボール支配率でドイツに苦しめられた豪州だが、「パスでつなぐことを指示している」(ポステコグルー監督)と新しい戦術に取り組んでいる。つないでFWロギッチが前半41分に決めた形は、これまでの豪州の体力勝負のイメージとは違う。確実にゴールチャンスをものにする決定力は日本を上回っている。

 日本サッカー協会の西野朗技術委員長、ハリルホジッチ監督も現地入りすることになっており、豪州-チリ(日本時間25日深夜)を視察する。豪州には今季からJ1横浜に在籍しているDFデゲネクもいる。油断はできない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース