記事詳細

自分の振りやすいスイング探し、ボールを見ずに打てれば習得 (1/2ページ)

 【今週の質問】ショットの調子が安定しないので、いつも、誰かにチェックをしてもらいたいと思っています。しかし、人によって言うことが違うし、レッスンプロに習っても、一時的にはいいのですが、またおかしくなって迷ってしまうのです。

 あるプロはテークバックでリストコックをした方がいいという。また、あるプロは、できるだけリストは動かさずに大きく上げた方がいいという。上級者は、それぞれ自分なりの技術があり、それをどちらが正しいというようなことはあまりいえない。

 どちらも正しいともいえるし、そこはどうでもいいともいえる。私はテークバックで手首をどう使うかなんて、好きなようにすればいいと思う。実際に打つのはダウンスイングだから、上げるときはどちらでもいいということだ。

 そこに気を取られて、いろんな人の言うことをいつも聞いていては前に進めない。要するにいかに自分なりの、自分に合った技術を見つけて確立できるかの勝負なのだ。

 ただ、それがわからないから迷うのだろう。自分はどんなスイングが打ちやすいのか。これは、一体自分がどんな人間で、どんな好みで、どう生きるべきかを探すような自己発見の作業そのものである。自分のことなのに、自分ではなかなかわからないことが多く、むしろ、人のスイングの方が客観的に判断ができるということもある。

 ボールを前にして構えると、人はうまく打つために、いろんなことを考えるものだ。微調整をしながらスイングする。

 しかし、本当は自分の振りやすいスイングがあり、そのスイングの軌道上にボールを置くのがゴルフ。スイングが先、ボールの位置を決めるのは後でなければ安定感は出てこないのだが、これがどうしても逆転してしまう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう