記事詳細

陽岱鋼が名手らしからぬ拙守…巨人、先制許すと21連敗 由伸監督「攻撃できていないことの方が大きい」

 巨人のスコアボードに刻まれるのは「0」ばかり。9回、マギーに2ランが出て、中日の先発、小笠原慎之介の完封を阻止するのがやっと。高橋由伸監督は「(守りよりも)攻撃できていないことの方が大きい」と敗因を語った。

 1回、先頭の長野が左前打で出塁し、続く2番・山本が手堅く犠打を決めた。「3、4番に託すのが最善」(高橋監督)と何とか先制点を取るという表れだったが、坂本勇、マギーが凡退した。

 チャンスを手放した上、守備のミスで相手に先制点を与える始末。3回、2死一塁で中日・京田の打球はライナーで中前へ。陽岱鋼が突っ込むも捕球できず、球が後方へ転がる間に一走が生還した。大西外野守備走塁コーチは「あそこは攻めたプレーだから」とかばったが、名手らしからぬ拙守だった。

 これで、相手に先制点を与えた試合は21連敗。マギーは「(逆転できない)事実は知っている。何とか打開しないと」と暗い表情。連敗で首位とのゲーム差は「13」まで広がった。(浜田慎太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう