記事詳細

クラブヘッドをボールの呪縛から解き放て アイアンは離すか宙に浮かせるように構える (1/2ページ)

 【今週の質問】アイアンが当てるだけのスイングになってしまいます。どうしても中途半端なスイングになってしまい、フィニッシュをとることができません。チョロがよく出ます。

 アイアンとドライバーにスイングの差はない。全く同じスイング、同じボール位置、同じ力加減で打つ。

 しっかりひねって背中が目標方向を向くところまでテークバックし、ダウンスイングでは、シャフトが首に巻き付くところまで振り切る。常にフルスイングで打っていくことがゴルフをシンプルにする。

 ドライバーの打ち方はこう、アイアンはこうという風にスイングを変えていい結果を出せるならそれもいいだろう。しかし、それは2つの状況に、2つのスイングで対処しているにすぎず、その場しのぎのスイングである。だから、結局すぐに狂ってきて精度が落ち、うまく打てなくなってくる。

 基本的には、どんなクラブでも、どんなライでも、どんな条件下でも1つのスイングで、それを信頼して振っていくこと。そんな骨太の打ち方でなければ、最後は自分が迷って、わけがわからなくなってしまうだろう。

 シンプルなスイングを実現させるのが、なめらかな軌道の丸さや、フィニッシュへの振り切りである。直線的に押し出すライン出しのインパクトや、途中でスイングを止めて距離や方向性をコントロールするような打ち方は必要ない。

 振り切っていくという意味でいえば、打ちやすくティーアップしてあるドライバーの方がやりやすいかもしれない。勢いをつけてフィニッシュまでいける人が多い。ところが、アイアンになるとぶつけて終わりになってしまう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース