記事詳細

ありえないタイミングのシャッター音に吉田弓美子叫び「やめて」 “旬”に大騒ぎするメディアの功罪 (1/2ページ)

 顔を引きつらせ、ジロッとにらめつけるシーンがあった。

 女子プロゴルファー、吉田弓美子である。先週のアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)の予選ラウンドで、韓国の“セクシー・クイーン”アン・シネと同組になった。

 「カシャ、カシャ、カシャ、カシャ…」

 その瞬間、ものすごい勢いでシャッター音が鳴り響いた。主役はアンである。いつものようにボールを打つ姿がターゲットではない。ストレッチする姿、日焼け止めのスプレーをかけるなど、ほんのちょっとの“動き”にカメラマンが反応していたのだ。

 あるグリーン上ではアンが靴を脱ぎ、逆さにするシーン。どうやら小石が入ったようだが、珍場面にまたシャッターの放列である。

 「すみません、シャッター音、やめてください」。吉田が思わず叫んだのだった。

 メディアが殺到した。たとえば2日目の取材登録は69人。通常のスポーツ部門以外の登録は、情報番組などのテレビクルーを含めたカメラマンが11人。メディアは“旬の素材”を追い求める。

 スター出現はどの業界においても好材料であるが、副産物である“大騒ぎ”も付いてくる。その際、取材する側のマナーにも問題もあるだろうが、“カヤの外”にされた同伴競技者には、迷惑でありストレスになりがちであるのもわかる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース