記事詳細

【俺とデスクの座談会】ご飯のおかげ!? 山形で巨人の“はえぬき”が“どまんなか”弾

 デスク「もしも~し、…なんだか声が聞こえづらいな」

 記者「電波が悪くてすいません。今日(27日)のヤクルト-巨人戦は山形駅から車で30分以上もかかる田園地帯の球場でして。試合は7回の長野の決勝ソロで巨人が勝ちました」

 デスク「長野は急に調子を上げてきたな。先月半ばまで打率1割台が、もう2割8分か。どうなってんだ?」

 記者「高橋監督も逆に『何で(打撃の調子が)苦しかったのか分からない』と首をひねるくらいです。本人はいつもの調子で、本塁打の要因を『風です』とけむに巻いてましたが、昨晩に山形牛の焼き肉と一緒に食べた白ご飯に秘密があるかもしれません」

 デスク「山形の銘柄米といえば…」

 記者「『はえぬき』か『どまんなか』だったそうです。それで巨人生え抜きの長野が、ど真ん中の147キロ直球をスタンドイン」

 デスク「…明日(28日)は福島だったな。もう銘柄米は調べてあるのか?」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース