記事詳細

【ぴいぷる】女子バレー・中田久美監督「86年の大けがで私の現役人生は終わっていた」 自分を一番成長させてくれた“葛藤” (1/3ページ)

 176センチの長身から繰り出す芸術的なトス回し。見る者を魅了した希代のセッターは、勇ましく、時に猛々しささえ感じさせたが、素顔は意外なほど、しとやかだ。

 「怖い印象? 全然そうではないんですけど…」

 困ったように苦笑する。

 2020年東京五輪を目指すバレーボール全日本女子の新監督。女性指揮官は1982年ニューデリーアジア競技大会を指揮した生沼スミエさん以来2人目だ。

 「女性指導者のいい面は『お母さん』になれるところかな」

 女ならではの繊細さと気配りを大切にしつつ、新体制初陣となる7~8月のワールドグランプリに向け、1日7~8時間の猛練習に励んでいる。

 15歳で全日本入りし、84年ロサンゼルス、88年ソウル、92年バルセロナと3度五輪に出場した。

 現役時代はエリート街道をひた走ってきたが、「いま考えると86年の大けが(右ひざ前十字じん帯断裂)で私の現役人生は終わっていたと思います」と衝撃的な発言をする。

 「アスリートとしては完全に終わっていたのに、やめるにやめられなかった。その葛藤が自分を一番成長させてくれました。『人を生かすってどういうこと』と何度も自問自答しましたから。人ってかけられたはしごを外されたときに人間力が試される。あの経験は今の監督業に生きていますね」

 転機はもう一つ。引退後の2006年。解説者、タレントとして仕事をしていた当時、長野県に移住していた父、博秋さんの死に直面した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース