記事詳細

巨人か侍ジャパンか…中畑氏めぐる駆け引きの行方は? 高い発信力に巨人側“確保したい”思惑 (1/2ページ)

 2020年東京五輪の侍ジャパン監督候補には、野球競技の会場となる福島県出身の中畑清氏(63)も挙がる。だがOB会副会長を務める巨人の、今後の監督人事にもリンクした問題だ。

 巨人は28日、東京五輪で野球・ソフトボールの一部試合を行う福島県営あづま球場(福島市)でヤクルトと対戦。先発の大竹が4回4失点でKOされた。自力優勝は今週中にも消滅する。

 高橋監督は、13ゲーム差(28日現在)の広島をまくって奇跡的な逆転Vを飾るか、3年契約最終年の来季、優勝できなければ、それ以上の続投は困難だろう。

 親会社が求める監督像は、成績だけでなく興行面も重視される。15年オフに原前監督の後任として、監督代行で結果を出した川相3軍監督はほぼ検討もされず、指導者実績がない高橋監督が選ばれた経緯にも明らかだ。だが今季はアテが外れた格好で、テレビ視聴率や客足の不振が深刻視されている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース