記事詳細

「こんな時代が来るとは」巨人、観客動員数が危機的状況…3万人スタンドにたった1万1000人 (1/2ページ)

 巨人はエース菅野を立てた6月30日の横浜DeNA戦(宇都宮)で打線が振るわず1-3で敗れたが、実はもっとショックだったのは、同28日に福島あづま球場で行われたヤクルト戦だった。

 収容人員3万人のスタンドに足を運んだファンは、半分にも満たない1万1439人。主催が昨季まで観客動員数で3年連続セ・リーグ最下位のヤクルトだったとあって、大きな騒ぎにはならなかったが、球界関係者はこう長嘆息した。

 「セ・パ合わせて6試合あって、巨人戦が最低の入場者数。いくら主催ゲームでないといっても、こんなことが起こる時代が来るとは思いもしなかった」

 巨人のビジター球団としての集客能力低下は今に始まったことではない。数年前から「カープ女子」という言葉が社会的な現象としてクローズアップされるのと足並みをそろえ、特にビジターでの広島の集客力は断トツだ。

 「昔巨人、今広島。広島サマサマです」と、神宮にも横浜にも殺到する赤ヘルファンは神様扱い。それにしても、セ・パ6試合あった中で巨人戦がワースト記録とはショッキングな現実だ。

 改めて6月28日の観客動員を見ると、トップがヤフオクドームのソフトバンク-日本ハム戦で3万4708人。次いで横浜スタジアムのDeNA-広島戦の2万8394人。3位がナゴヤドームでの中日-阪神戦の2万4415人。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース