記事詳細

自分に合ったスタンスがわからない 幅や向きはショットに関係ない、打ちやすいと感じること (1/2ページ)

 【今週の質問】自分にあったスタンスの幅がわかりません。スタンスが決まらないので、いつもスイングが不安定になっているような気がするのです。

 ボールを打つのは、手とクラブなので、スタンスの幅や向きは直接、ボールの行方とは関係がない。人それぞれ打ちやすい構えがあると思うので、打ちやすいと自分で感じるものが最高だ。

 スタンスなんか全く関係ないというのは乱暴な言い方かもしれない。しかし、ある程度の実力のプレーヤーなら、少しぐらいスタンスが変わってもそれなりに打てるものだし、そのくらいの多様性がないと、コース上のさまざまな状況に対応できないともいえる。

 ほとんどのプロが、クローズかオープンのどちらかに構えて打っている。幅となると大きく開脚するようにして打つ人もいれば、狭いスタンスなのに豪快に飛ばしてくる人もいる。どこかに1つの正解があるとはとうてい思えない。

 極端に言えば、本来は、片足で打っても両足で構えたのと同じくらいの飛距離と方向性を出せるくらいでないと安定したスコアでは回れない。

 少し打ち下ろしがきつくて、左足下がりになる場面でのアドレスは、左足にほとんどの体重がかかってしまう。結局ここからナイスショットをするには、左足一本で立って打つことができないと無理である(写真〔1〕)。

 浮き気味になっている右足が前に出て突っ込まないようにうまくバランスを取り、左足の上で体を回転させる。右サイドが高いので、少しカットに入れないとダフってしまうから気をつけないといけない。うまい人はこの状況を一瞬にして理解して対応する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう