記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】広島・緒方監督、常勝赤ヘル軍団を超える新たな歴史を作れるか

 緒方孝市監督(48)率いる広島は4、5日の巨人戦(マツダ)で2年ぶりの2試合連続零封負けを喫したが、2位阪神に7ゲーム差(5日現在)の“1強”状態に揺るぎはない。このまま37年ぶりのリーグ連覇と日本一奪回を果たせば、リーグ優勝4回&日本一3回の古葉竹識監督が率いた常勝赤ヘル軍団に一歩近づく。そして古葉広島が乗り越えられなかった“壁”に挑むことになる。

 常勝イコール人気沸騰とはかぎらない。リーグ優勝4回、日本一1回の中日・落合博満監督は観客動員減で解任されている。広島市民球場を本拠地にしていた古葉広島も、常勝軍団といわれるようになってからは観客動員で悪戦苦闘した。

 球団創設25年目の1975年、就任1年目の古葉監督が球団史上初のリーグ優勝を達成。この年は前年の64万9500人から120万人と倍増近くの最高観客動員を記録している。

 そして5年ぶりのリーグ優勝、初の日本一を果たした79年には145万4000人の球団新記録。ところが初のリーグ連覇と2年連続日本一の翌80年は131万4000人にダウンした。

 以後81年2位、82年4位、83年2位と優勝から遠ざかり、104万7000人、103万7500人、そして100万人台割れの91万6000人。4年ぶりのリーグ優勝、3度目の日本一になった84年も110万3000人と伸び悩んだ。

 その間、広島の営業サイドはあの手この手の観客動員アップ作戦を展開。近県からもファンを動員しようと船会社、JRとタイアップし割安運賃&入場券、晩酌付き入場券etc…。

 しかし、観客動員増には結びつかず、球団関係者は嘆きながらこう結論づけた。「弱小球団が優勝したから初めは市民も熱狂してくれたが、勝つことが当たり前になると刺激がなくなり、球場から足が遠のいた。ファン心理は複雑です」

 あれから30年以上たち、25年ぶりにリーグ優勝した昨季のホームゲーム観客動員は球団新記録の215万7331人(1試合平均2万9963人)。今季も昨年比増(1試合平均3万67人)の状態が続いている。

 メジャーリーグ風と評判の本拠地マツダスタジアム、カープ女子という言葉に象徴される女性ファンの存在を切り札に、常勝赤ヘル軍団を超える新たな歴史を作れるか。(江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース