記事詳細

ソフト日本女子W杯優勝 上野の10連続アウトで逃げ切り、米ESPN「快投演じた」

 ソフトボール女子のワールドカップ(W杯)は9日、決勝戦が米オクラホマシティーで行われ日本は米国を2-1で破り優勝した。

 日本は3回に2点を先制。4回に1点を返されなお一死満塁のピンチで上野由岐子(34)がマウンドに上がると、ここから10人連続アウトに取る快投で逃げ切った。奪三振も6。

 米ESPNは、「2008年北京五輪決勝で米国に衝撃を与えたウエノがこの日もマウンドに登場。快投を演じた。米国は日本より安打数で上回りながら敗れた」と速報した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう