記事詳細

高い球を打つ練習 ロングアイアンでクラブヘッドを遠回りさせる (1/2ページ)

 【今週の質問】打球が低いです。ライナー性の当たりが多く、キャリーが出ないのであまり飛びません。ショートアイアンはまだいいのですが、5番アイアンでもキャリーは130ヤードくらいしか飛びません。池越えだとすぐに打ち込んでしまい大たたきになってしまいます。

 上から押さえつけるように打っているので、ロフトが立ちすぎて低く出てしまう。低いライナーでもいいスコアで上がれるとは思うが、ゴルフはボールが上がらないとあまりおもしろくないというのは、どのレベルでも同じだろう。

 ボールを強くたたいてやろうと思うと必ず上から押さえつけるようなスイングになる。思った球が出ないのでさらに上からたたきつけるので、もっと上がらなくなる。ゆっくりスイーッと振ってやった方が、ヘッドが遠回りしてきてボールに横からあたるので、ロフト通りに上がり、その方がよほど距離が出るだろう。

 高い球を打つ練習はロングアイアンでやる。ロフトのあるクラブはもともと上がりやすいので、いくら打っても意味がない。一番上がりにくいクラブで練習しないと、本当に上げられるようになったかどうかがわからないからだ。

 テーマはとにかくクラブヘッドを遠回りさせること。直線的に上からボールに当てにいく(写真〔1〕)のは厳禁だ。

 遠回りをさせるということは、ダウンスイングでできるだけ大きな曲線を描くように下ろすということになる。ボールよりもかなり後ろの方へ、ダフるように下ろすつもりでいい。右足の前の芝を刈るつもりで振る(〔2〕〔3〕)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう