記事詳細

これでいいのか天皇杯 ジャイアントキリングもてはやす、負けて謝罪動画ありえない (1/2ページ)

 12日に天皇杯3回戦が行われ、筑波大(茨城県代表)がJ2福岡に2-1と勝利。2回戦でJ1仙台を破ったのに続き、2戦連続の“ジャイアントキリング”だ。一方、J1浦和はJ2熊本に1-0の辛勝。9日のリーグ戦(対新潟)に続いてこの試合にも、勝てなければ「辞任する」としていた浦和・ペドロビッチ監督(59)の去就問題もこれで収束しそうだ。それにしても、サッカー日本一を決めるはずの天皇杯はいまや、レベルの低い話題ばかりだ。(聞き手・久保武司)

 --筑波大が今度はJ2福岡に勝ちましたよ

 清水「また、ジャイアントキリングとか言ってもてはやすのか?」

 --だって大学生がプロを破ったんですから

 「確かに筑波大はよくやった。でもな、J1もJ2も、1年を通じたリーグ戦が一番大事なのさ。福岡はJ2で首位争いをしている。もちろん大学生に負けてはいけないが、J1昇格がかかる福岡にとってはリーグ戦こそ、もっと負けちゃいけない試合だからね」

 --確かに福岡は2軍のメンバーでした

 「だろ~? 極論すれば、ジャイアントキリングではないわけよ」

 --天皇杯2回戦で筑波大に負けたJ1仙台の渡辺監督は“謝罪動画”を配信しました

 「ありえないね。ふざけるなと思った。プロの監督がそんな簡単に謝罪してどうするのって。Jクラブの監督は高校野球の監督じゃないんだって。プロだよ、プロ。天皇杯は各県の地方協会が主催する試合だから、いくら観客が入ってもクラブに実入りはない。日程も厳しいから早く敗退することを歓迎しているクラブも本当にあるんだよ」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース