記事詳細

マーリンズ・オズナ、借りたバットで本塁打 指揮官「彼ならツーバイフォーでもヒットを打てる」と太鼓判

 He could probably pick up a two-by-four and hit with it. (CBSスポーツから)

 「彼ならツーバイフォーでもヒットを打てると思うよ」

 マーリンズのドン・マッティングリー監督がマーセル・オズナ外野手(26)のホームランの後、こう言った。

 2日のブルワーズ戦。オズナは21、22号本塁打を放ったが、22号はスタントン外野手から借りたバットだった。

 打席に入ると審判から「君のバットには松ヤニがつきすぎている」と交換を命じられ、慣れないバットでホームランを放ったことから指揮官が、能力の高さにうなった。

 「ツーバイフォー」は「2インチ×4インチ」の意味。欧米の建築に使用される角材で、バットより長いが角張っているため、野球のバットと違いとても握りにくい。仮にそんな物で打っても「オズナならヒットが打てる」と指揮官は太鼓判を押したのだ。

 オズナは今年5月にイチローのバットで2本塁打を放ち話題になったばかり。今季前半、打率.316、23本塁打、70打点で本拠地でのオールスターに選ばれている。(阿部耕三)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース