記事詳細

フェデラー、チリッチ下し5年ぶり8度目のウィンブルドン制覇

 ■テニス「ウィンブルドン選手権」最終日(16日、英ロンドン郊外オールイングランド・クラブ) 

 男子シングルス決勝で第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6―3、6―1、6―4で退けて5年ぶり単独最多となる8度目の制覇を果たし、優勝賞金220万ポンド(約3億2400万円)を獲得した。

 四大大会で1月の全豪オープンに続く19個目のタイトルとなり、自らが持つ男子最多記録を更新した。

 ロジャー・フェデラー「集中してプレーし続けた。(前人未到の)8度の優勝は本当に特別。今季のあまりの順調さに驚いている。また、来年ウィンブルドンに戻ってきたいと願っている」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう