記事詳細

大きなスイング、スピードでなければ逆効果 フィニッシュは小さくコンパクトに (1/2ページ)

 【今週の質問】飛距離が足りないので、大きなスイングをするように心がけています。フォロースルーを大きく振り出すことで、飛距離も方向性も高まると教わったからです。しかし、やってはみるのですが、あまり以前と変化がない気がします。

 同じスイングのスピードで振れるならば、弧は大きい方が飛ぶだろうが、それができなければ逆効果になってしまう。

 大きく振ろうとして(写真〔1〕)、左肘を伸ばすことを意識しすぎて腕を突っ張ると、体全体が硬直することになる。うまく体を動かすことができなくなるので、クラブヘッドの振り切りも鈍くなる。

 フォローでは左肘がたたまれていけばブレーキはかからないのだが、伸ばしすぎているとひっかかってしまい、軽やかに振り抜いていくことは不可能だ。フィニッシュでは体がまくれあがってしまうことも多い。

 また、大きなフォローを取ることを意識すると、手もクラブも体から離れて戻ってこないので、フィニッシュが首に巻きつかない。

 たいていの人はフィニッシュで大きく胸を張り、グリップが高いところにおさまる大きなフィニッシュを取ろうとするが、このイメージがバランスの悪さにつながっている。

 むしろフィニッシュは小さくコンパクトにおさめるようにした方が、結果的にうまく振り切ることができ、最終的にはスピードが上がって、飛ばしにも方向性にも適正な大きさのスイング弧になる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース