記事詳細

中日・森監督に直撃インタビュー 首位・広島には「もっと独走してもらいたい」 (1/2ページ)

 昨季最下位の中日を今季から率い、20日現在セ・リーグ5位にとどまるも、6月に月間勝率・609(14勝9敗)をマークするなど健闘。若手育成力を発揮し、早々と白井文吾オーナーから来季続投のお墨付きも得て、上位乱入を狙う森繁和監督(62)に直撃インタビューを敢行した。(聞き手・山戸英州)

 --今月13日に白井オーナーが来季続投を明言した

 「俺はいつも1年勝負だと思っている。辞めろといわれたら辞めるし、やれといわれたらやる。引き受けた以上、自ら辞めることはしないけど。覚悟はいつも持ってやっているよ。そんな1、2年で(目指す野球が)浸透するなら、これほど簡単なことはないけどな」

 --ドラフト2位の京田(日大)が「1番遊撃」に定着。投手陣でもドラフト1位の柳(明大)、2年目の小笠原ら若手が次々台頭している。現代っ子気質に合わせた指導法は

 「昔だったら手を出したり、足を出したりしていたかもしれないけど、今はそれを受け入れられない時代でもある。それをしてしまうと、選手のいいものが出ない。だから、先に結果を出させちゃう。(投手なら)まず投げさせて、その後に教えてやる。(今までの指導法とは)逆のやり方。結果が良かろうが悪かろうが先にやらせてみて、ダメなのはここだよっていう指導が多くなってきた」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース