記事詳細

巨人・山口俊、今季中の実戦復帰絶望か オーナー“無期出場停止”明言「球団としては大変困ったなと…」 (1/2ページ)

 飲酒暴行疑惑で謹慎中の巨人・山口俊投手(30)について26日、球団首脳が初めて言及。老川祥一オーナー(75)=読売新聞グループ本社最高顧問=は「当面は試合に出てもらえるような状態ではない」と無期限の出場停止を明言した。

 この日の広島戦(京セラドーム)を観戦後、報道陣に対応した老川オーナーは、主力投手として昨オフのFAで獲得した山口俊の背信に失望感をあらわにした。

 「せっかく活躍してもらえると思って来てもらっているわけだが、ああいうトラブルを起こされて、球団としては大変困ったなと思っています」

 横浜DeNAから3年総額10億円(推定)の大型契約で引き抜いたが、故障明けで先月ようやく1軍に昇格。ところが今月11日未明に都内の飲食店で右手甲に裂傷を負い、酒に酔ったまま治療に向かった病院で扉を壊した上、男性警備員を負傷させた疑い。被害届を受理した警視庁が捜査している。

 不祥事が発覚した18日以降、山口俊は練習を含めて野球活動を見合わせている。示談を成立させ、謝罪会見ができれば復帰の道筋も見えるが、交渉は進んでいないようだ。

関連ニュース