記事詳細

クルーズ、巨人出てよかった!?新天地・楽天でいきなり快打 「1日で人生が変わったぐらい状況が違う」

 巨人から金銭トレードで26日に楽天へ移籍したルイス・クルーズ内野手(33)が、同日のソフトバンク戦(Koboパーク)にいきなり「6番・遊撃」でスタメン出場。移籍後初の適時打で勝利に貢献した。

 ロッテから2015年オフに2年総額4億8000万円の大型契約で巨人へ移籍。だが昨季終盤に怠慢プレーをめぐって首脳陣と衝突し、懲罰で2軍落ち以来、構想から外れていた。今季は親会社上層部の“天の声”で6月に1軍昇格も、9試合出場のみで再降格。だが飼い殺しから急転、2軍の一員として仙台遠征中に相手チームから救いの手がさしのべられた。

 「1日で人生が変わったぐらい状況が違う」。パ・リーグ優勝争いのただ中にあり、やりがい十分の新天地に助っ人は目を輝かせた。一方で働き場所をつくれなかった巨人はこの日、セ・リーグ首位広島に完敗を喫し、同カードの今季負け越しが早々に決まった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース