記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】なぜ?円弧イメージして振っているが球が右にいく 正しいと思っていることが最大の原因かも (1/2ページ)

 【今週の質問】左右対称な円いスイング弧をイメージして振っているのですが、どうしてもボールは右に飛んでいってしまいます。インパクトが開いて当たっている感じです。グリップが悪いのでしょうか。

 クラブヘッドがなめらかな円弧を描くスイングができていれば、ショットは安定しやすいものだ。ところが、自分ではきれいな円弧を描いているつもりでも、実はそうはなっていないとしたらどうか。当然うまく当たらない。

 正しいと思っているのは自分だけで、別の人に見てもらうと、実はとんでもない間違いを犯していることがある。ゴルフでもよくあることだ。

 左右対称のスイングをしようと思い、トップではグリップを右耳の横に上げ、フォローでは左耳の横にグリップが来るように振っていくとする(写真〔1a〕)。正しいようだが、これでうまくいくだろうか。

 クラブヘッドは重いものなので、重力で地面に引かれるし、スイングをするといろんな方向に物理の力がはたらく。シャフトはしなったり戻ったりする。自分が思ったとおりの軌道ではなかなかクラブヘッドは降りてこないものだ。

 典型的なのが、ダウンスイングで思っているよりもシャフトが寝てしまい、自分では左右対称に振っているつもりが、実際にはかなり右に向かって振っている人だ〔1b〕。

 こういう人は左右対称に振るイメージを持たない方がうまく打てる。

 たとえば、ドライバーでもショートアイアンのようにバックスイングでは極端に縦に上げていくような軌道で振り上げていき〔2〕、ダウンスイングではその軌道を戻さず、わざと野球のスイングのように横に振っていくようにするのである〔3〕。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう