記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】スライスが多くてあまり飛ばない 腰が逆戻りしている人は手打ち、正確さより豪快に踏み込もう (1/2ページ)

 【今週の質問】私はよく手打ちだといわれます。しかし、何が手打ちなのかよくわかりません。確かに体格の割には飛びません。スライスやダフりが多いです。ボールを打つのだから手で打つしかないと思うのですが、体を使って打つというのはどういうことですか。

 「スライスが多くてあまり飛ばない」という人のほとんどが、写真〔1〕-〔2〕のようなスイングをしている。

 一見、何が悪いかわからないかもしれないが、飛ばない原因は下半身にある。腰が逆戻りしているのだ。

 インパクトからフォローに向かって腰は左に動いて左足に体重が乗っていかなければならない(〔3〕-〔4〕)。これならば、フィニッシュの形に入っていけるので、自然にクラブヘッドは大きく振り出されていく。

 ところが、腰が反対に右へ戻ってくるような動きになっていると、ヘッドは前に出ていかない。上から下へカット軌道で打つようなスイングになってしまい、一気にフィニッシュまで振り抜きづらい。

 手だけで打っているように見えるので、これが手打ちと呼ばれることもあり、球筋はスライスであまり飛ばない。

 うまい人でも、軸を一生懸命に意識したスイングをしている人や、体の回転を意識しすぎている人は、体重移動が不十分になってしまい、こういう飛ばなくて曲がるスイングになってしまうことがある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう