記事詳細

メジャー初制覇だ!松山、圧巻7バーディーで暫定首位 魅せつけたスーパーショット&“頭脳的”プレー (1/2ページ)

 ■男子ゴルフ メジャー最終戦「全米プロ選手権」第2日(11日、米ノースカロライナ州クウェイルホローC=7600ヤード、パー71)

 首位から3打差の15位から出た松山英樹(25)が、12番からの4連続バーディーを含む7バーディー、ノーボギーの猛チャージをかけ、通算8アンダーで一気に暫定首位タイに浮上した。距離が長く難しいコースで松山のゴルフは目を見張るすごさ。優勝候補のジョーダン・スピース(24)=米国、ロリー・マキロイ(28)=英国=らが苦戦しており、松山にはメジャー初優勝の絶好のチャンスが巡ってきた。2日目は雷雨で一時中断。日没サスペンデッドとなった。

 出だしはショットがぶれた。1番はティーショットを左に大きく曲げてラフに入れ、第2打もグリーンに届かなかったが、アプローチを1・2メートルにつけてパー。

 2番も第2打が左ラフ。それでも15メートルをツーパットでしのいでパー。ショットが悪いものの4番までをパーでしのぎ、5番でこの日の初バーディーが来た。

 フェアウエーからの第2打がこの日初めてといっていいナイスショットでピン2・5メートル。初日、3番から3連続ボギーを叩いたことを考えると、上出来だ。

 イーグルも狙える7番(パー5)はティーショットが左のバンカー。果敢にグリーンを狙った第2打は左のラフ。ボールが沈み、難しいアプローチが残ったがこれをピン2メートルにつけるスーパーアプローチでバーディーを奪った。

 9番では第2打をグリーン奥のラフに入れ、アプローチがピンを7メートルもオーバーする大ピンチを迎えたが、これを見事に沈めて通算3アンダーで折り返した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース