記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ドローボール打ちたい スイングは軌道じゃない!インサイドアウトに振ろうとするのは最悪 (1/2ページ)

 【今週の質問】ドローボールが打てるようになりたいので、インサイドアウトの軌道を練習しています。しかし、ドローは出るものの、とんでもないダフリが出たり、方向も右へ左へと全くまとまりがつきません。ドローを打つのはやめた方がいいでしょうか。

 スイング軌道を無理矢理つくってもうまくいかない。自分が一番楽に、円いスイング軌道で振ったときがその人に最適。これを生かして打っていく方が安定している。

 軌道を意図的にいじって内側から出したりすると、不自然になって、曲がるだけでなく、スピードも出ないだろう。

 特にインサイドアウトに振ろうとするのは最悪だ。右ひじが絞れてしまうので、左脇が空いてグリップは体から離れてしまう。

 こうなると、ダウンスイングでひどくシャフトが背中側に倒れてしまい、低すぎる軌道でクラブヘッドが降りてくるので、ボールに当たる前に地面に当たってしまう。

 うまく当たったとしても、極端に右に向かって振っていることになるので、プッシュアウトすることになる。フェースが返るととんでもないフックで話にならない。インサイドアウトなんて実際にはあまり必要のない知識である。

 そもそも、スイングの軌道で球筋を変化させようなんて、難しい話ではないだろうか。

 フック系の球筋はそんなに難しいことをしなくても出る。スイングの中で、クラブフェースは開いているものが自然に閉じていくようにインパクトするので、フック系の球筋は決して特別のものではない。無理矢理、インサイドアウトなんてやるのは、話をややこしくしているだけだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう