記事詳細

書類送検の巨人・山口俊、今季出場停止の処分

 7月中旬に東京都目黒区内の病院で男性警備員にけがをさせたなどとして警視庁は18日、プロ野球巨人の山口俊投手(30)を傷害と器物損壊容疑で書類送検した。球団は同日午後に会見を行い、この日から今季終了までの出場停止などの処分を科したと発表した。

 警視庁によると、山口は先月11日未明、酒に酔った状態で右手甲をけがをして知人と病院を訪問。その際にドアを壊したり、警備員の腰などに全治約2週間のけがを負わせたりした。当時、110番通報を受け署員が駆けつけたが、山口の姿はなく、立ち去った後だったという。

 警視庁では山口から事情を聴くなど捜査を進めていた。

 山口は今季、DeNAからフリーエージェント(FA)で巨人に移籍したが、右肩違和感で出遅れていた。トラブル発覚後の7月18日、中日戦の予告先発を回避。その後、巨人が当面の自粛を発表していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう