記事詳細

【俺とデスクの座談会】巨人・山口俊は酒豪ゆえの“節酒”止まり? 元日本代表・前園真聖の謝罪会見との差 (1/2ページ)

★特別版

 東京都内の病院で酒に酔って不祥事を起こし、自宅謹慎中だった巨人・山口俊投手(30)が20日、川崎市・ジャイアンツ球場で練習を再開。傷害と器物損壊の疑いで書類送検され、今季終了までの出場停止と罰金、減俸の処分を受けたが、みそぎの道のりは平坦ではない。古巣の横浜DeNA時代から悪名の高い酒癖の悪さは、根本的に解決していないからだ。

 記者「書類送検のタイミングで謝罪会見、現場への謝罪、そして練習合流。とりあえずこれで一区切りでしょう。久しぶりにユニホームを着た山口は『100%変わった自分を見せられるようにやっていく』と神妙な表情でした」

 デスク「100%ねえ…。だったら謝罪会見でキッパリと、断酒宣言でもすりゃよかったんじゃないか?」

 記者「確かに歯切れは悪かったですね。今後の酒とのつきあい方を聞かれても、『このような軽率な行動、社会人としてあるまじき行動をとらぬよう、お酒のつきあいを考えて向き合っていきます』と、何とも曖昧な表現でした」

 デスク「元サッカー日本代表の前園真聖氏は2013年、酔ってタクシー運転手に暴行を働き現行犯で逮捕された翌日、謝罪会見で『断ちます、お酒は』と宣言。今も継続中だぞ」

 記者「前園氏はもともと自宅で飲まないそうだし、そんなに酒好きじゃないのでは? 山口は酒豪ですからね。守れる自信がないのかも。でもせめて1軍復帰登板までは我慢とか、できないものかな」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう