記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】アプローチでのザックリを防ぐには? フェースを開いてスタンスは開かない (1/2ページ)

 【今週の質問】アプローチのザックリに悩んでいます。ナイスショットを打ったあと、フェアウエーのいいところからザックリでチョロになることが多いです。ダフらないようにしようと思うと、次はトップしてホームランになることもよくあります。

 ザックリの最大の原因はフェースが抜けていかないことにある。リーディングエッジが芝に深く入っていき、つっかかってしまうので、芝ばかりが飛んでボールが飛ばなくなる。

 ザックリは要するにダフりであるのだが、「ダフらないようにボールをクリーンに上からとらえよう」などと考えると症状は悪化する。余計に角度をつけて上から打ち込む形になってくるので、さらにクラブヘッドが深く芝にめり込んでしまうからだ。

 ボールをクリーンにとらえるのが正解だと思っている人は、アプローチがなかなかうまくならない。クリーンでなくても引っかかりさえしなければいいと考える。クラブヘッドが芝の抵抗で止まることなく滑って抜けていきさえすれば、ボールはフェースに乗っていくのでコントロールの効いたアプローチができる。

 そのために大事なのは、いかにウエッジの広いソールをうまく滑らせるかだ。

 フェースは開いて使った方がバンス(ソールのふくらみ)を使えるので滑りやすい。また、ボールに向かって打ち込むようにするのではなく、手前から滑らせていくようにした方がボールとのコンタクトは安定する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう