記事詳細

ハリル監督、代表メンバーから本田除外していた! 前代未聞…定員4人超の招集の舞台裏 W杯アジア最終予選 (1/2ページ)

 日本サッカー協会は24日、W杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日=埼玉スタジアム)とサウジアラビア戦(9月5日=ジッダ)に臨む日本代表を発表。ベンチ入りの定員23人より4人も多い、前代未聞の大量27人を招集したところに、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)の追い詰められた心境がうかがえる。さらに、FW本田圭佑(31)=パチューカ=の名前が発表直前までメンバー表になかったことが、関係者への取材で判明。オーストラリア戦では“ベンチ外”の可能性もあり、こちらも崖っぷちだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 日本代表メンバーは通常、故障発生などに備えてリザーブを含め、ベンチ入り定員より1-2人多く発表するが、4人も多いのは前代未聞。特にFWは9人に及んだ。

 ハリル監督は「手元に呼んで何人かの選手の状態、可能性を見たい。香川はコンディションを取り戻しているところ。状態を直接見て、どうするのか決めたい。本田も香川と同じような状況。チェックし、どういう役割を与えるかを考えたい。ただ、彼らの存在自体がチームに必要だ」と説明した。

 MF香川真司(ドルトムント)は6月の国際親善試合のシリア戦で左肩を脱臼し、本田は痛めていた右ふくらはぎに不安があるからだが、明らかに異常事態だ。事ここに至って、ハリル監督が天王山となる重要な一戦に臨むメンバーを固め切れていないことを露呈している。

 日本協会の西野朗技術委員長は「サウジアラビアに27人を連れていくかどうかは…」と歯切れが悪い。

 しかも、ハリル監督が「歴史に残る試合を作りたい」と意気込む豪州戦のメンバーリストに当初、ハリルジャパンのエースと目されてきた本田の名前がなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース