記事詳細

巨人vs選手会、山口俊の総額7億円超処分めぐり全面戦争 解雇ちらつかせ「複数年契約の見直し迫った」 (1/3ページ)

 巨人・山口俊投手(30)の飲酒トラブルが、労組日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)と巨人の“全面戦争”に発展だ。選手会側は28日、巨人が山口俊に科した処分のうち、罰金と減俸合わせて1億円以上の制裁金は「明らかに重すぎる不当なもの」と抗議。さらに巨人がクビをちらつかせて複数年契約の見直しを迫り、総額数億円の減額に同意させたとの“新事実”を暴露。処分の再検討と契約見直しの撤回を求めた。巨人側は「処分は妥当」と真っ向から反論。お騒がせ右腕の前途は再び不透明になってきた。(笹森倫)

 謝罪会見から10日後。自宅謹慎を解かれて練習を再開し、騒動に一区切りがついたかと思われた矢先、山口俊は再び渦中に引っ張り戻された。

 選手会はこの日、山口俊の処分に関して「全プロ野球選手の契約に影響を及ぼす可能性のある極めて重大な問題」として巨人に抗議し、処分の再検討、契約見直しの撤回を求めたと発表。コミッショナー、12球団による実行委員会にも適切な調査など「合理的な対応」を要請した。

 山口俊は酒に酔って商売道具の右手甲を負傷し、先月11日未明に訪れた東京都内の病院のドアを破損。さらに警備員に約2週間のケガをさせたとして、傷害と器物損壊の疑いで警視庁に書類送検されたが、後に起訴猶予となっていた。

 巨人は書類送検のタイミングで18日に会見を開き、野球協約第60条に基づいて次の処分を発表した。(1)出場停止=今季終了の11月30日まで(2)罰金=トラブルが起きた7月11日から出場停止期間前日の8月17日まで38日間、1日につき年俸の300分の1(3)減俸=出場停止期間の105日間、1日につき年俸の300分の1。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース