記事詳細

豪州戦の視聴率、瞬間最高35・0% サッカーW杯出場決定で列島歓喜

 8月31日、テレビ朝日系で生中継されたサッカーのW杯アジア最終予選「日本-オーストラリア」戦の平均視聴率は、24.2%(関東地区)だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高視聴率は試合終了直後で、35.0%だった。

 サッカー日本代表がW杯本戦出場を決めると、東京・渋谷と大阪ミナミの道頓堀では、熱狂するサポーターであふれた。で、やっぱりバカ騒ぎ。うれしいのはもちろんだがほどほどに。

 渋谷のスクランブル交差点では、興奮したサポーターが交差点内になだれ込み「ニッポン、ニッポン」とお祭り騒ぎ。DJポリスも出動したが騒ぎは1時間近く続いた。

 道頓堀でも集まったサポーターが戎橋から次々と道頓堀川にダイブした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう