記事詳細

韓国、W杯出場の決定持ち越し 最終戦、ウズベキスタンに勝利で決定

 W杯アジア最終予選のA組2位につける韓国は8月31日、既に首位を確定させW杯出場権を獲得しているイランとホーム(ソウル)で対戦。0-0で引き分け、W杯出場決定は最終戦に持ち越された。韓国は4勝2分け3敗で、勝ち点14。一方、3位につけていたウズベキスタンは、ここまで最下位だった中国を相手に敵地で痛い0-1の敗戦。勝ち点を12から積み上げることができなかった。

 また、カタールを3-1で破ったシリアが勝ち点を12とし、ウズベキスタンと並びながら得失点差で3位に浮上。自動的に本大会出場権を獲得する2位争いは、勝ち点2差に3チームがひしめく混戦となった。

 韓国は5日の最終戦で、ウズベキスタンと敵地で対戦。勝てば本大会出場が決まる。シリアはイランと対戦する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう