記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ウエッジで距離感合わせたい ラフの中でソールの抜けを確認しよう

 【今週の質問】小技が苦手です。ウエッジが苦手なので、グリーン回りではいつもパターで寄せています。ウエッジで距離感を合わせたり、方向を出すにはどうしたらいいですか。

 ウエッジワークで大事なのは、ヘッドの動きを芝の上でコントロールできるかどうか。ボールをうまく打てるか、よりも、芝をうまく打てるかという話になる。

 芝には抵抗があるが、できるだけこれを受けない方がヘッドの動きが乱れにくい。安定した距離感や方向性を出しやすくなる。

 抵抗を受けないようにするには、低く入れてソールを滑らせる方がいい。フェースは開き気味にするのが最大のコツである。

 シャットに使って上からぶつけるのが好きな人もいるが、フェースが立ってリーディングエッジも芝に引っかかるので抜けづらい。芝がからんでヘッドに急ブレーキがかかったり、逆に極端に強い出球になったりしてコントロールが利かない。

 右手一本でウエッジを振ってみることで、ラフの抵抗を感じることができ、ウエッジの使い方がうまくなるのでやってみよう。フェースを開いて、片手でもサッと抜けるようなフェースの使い方ができればアプローチは上達する。

 閉じたときとどれくらい抵抗が違うかも感じてほしい。ボールなしでいいので、ヘッドにかかる力を敏感に感じられるようになるといい。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう