記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】巨人3軍戦はペナントより熱かった! 地方開催観客動員の気合を感じた (1/2ページ)

 5日と6日に長野県松本市と群馬県前橋市で巨人-中日の地方遠征2連戦を中継しました。松本から前橋への移動は、在来線と新幹線を乗り継ぎ2時間。しかも5日は4時間ゲームでしたから結構しんどい遠征でした。

 それにしても、スタンドのお客さまは両日ともおおいに盛り上がりました。6日の松本は花火も上がり、たまにしか来ない巨人の試合を生で見ると気持ちがアゲアゲになるんでしょう。自然と実況のテンションも上がります。

 ところで同じ巨人軍でも、こうした地方での試合をほぼフルシーズン行っているのが3軍。普段のお客さまの入りはまだまだ寂しいのが現実ですが、今季1試合だけ5355人を動員したことがありました。

 7月15日、福井フェニックススタジアムで行われたBCリーグ・福井ミラクルエレファンツ-巨人戦。福井球団の最多動員記録となったこの試合、実は地元のスーパーマーケットがチケットを大量購入し販促に使ったというのが裏事情なのですが、それにしてもその光景は圧巻だったようです。

 ロッテとヤクルトで捕手として活躍し、今季から福井に入団した田中雅彦バッテリーコーチ(35)は「選手たちの気合が違いましたね。1度実際に試合を見てリピーターになってもらうようにしないと」と振り返ります。

 また、3軍の試合をネット配信するなど、チーム全体で動員力底上げを推進する巨人軍の久保博球団会長(68)も「いまの巨人に必要なのは1、2、3軍とも、とにかく全国津々浦々のファンにグラウンドで、あるいは放送やネットで試合を見てもらうこと。福井の試合は素晴らしい成功例です」と力説されていました。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース