記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】オープンではダメ?スクエアに構えるのが苦手 左向きは右足一本打ち、右向きは左足一本打ちで自分の好みを知ろう (1/2ページ)

 【今週の質問】私はスタンスをスクエアに構えるのが苦手です。目標のラインに対して並行に構えようとすると腕のあたりが窮屈な感じがするのです。どちらかというと左向き(オープン)に構えると気持ちがいいのですが、これではだめでしょうか。何か不都合があるとしたら何でしょうか。

 オープンが打ちやすいなら、絶対にそのスタンスを大事にするべきだ(写真〔1〕)。スクエアに直す必要はない。ほとんどの人はまっすぐ構えるよりも、右か左に少しずらした方が構えやすいものである。

 これまでにも説明したことがあるが、自分の癖を大事にするのが、安定したショットを打つコツである。もし、「オープンスタンスの方が打ちやすい」と明確に感じられるなら、その人はうまい人であるといっていい。

 ある程度ボールを打ち、経験を積まないと、どっち向きが打ちやすいかわからないもの。自分の好みを自分で知ることができたなら、大変な進歩があったといえるのではないだろうか。

 よく左を向いているとボールも左に飛ぶような気がするという人がいるが、そんなのは気のせいだ。実際にはスタンスの向きにかかわず、ボールは右にも左にもまっすぐも打てる。スタンスと方向性を直結させるのは短絡的というものである。

 ただ、それぞれのスタンスには特徴がある。たとえば、オープンスタンスに特徴があるとすれば、それは右足体重になりやすいというのもその一つかもしれない。

 アドレスするときには必ず前傾しなければならない。オープンスタンスだと左足よりも右足が前に出ていることになるので、体重が右足にかかりやすくなるのは当然のこと。右足一本で打ってみると、オープンスタンスで打っているのと共通点を感じられるはずだ(〔2〕)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう