記事詳細

まだまだゴルフを楽しみたいシニアに! プロギア「金エッグドライバー」発売、金エッグ専用「新パワーフランジ構造」採用

 まだまだゴルフを楽しみたい。昔のように飛ばしたい。そんなシニアゴルファーの願いをかなえるためにプロギアがSLEルール適合外の高反発「金egg(エッグ)」をさらに進化させた「SUPEReggドライバー」(通称・金エッグドライバー)を15日に発売する。

 フェースとクラウン境界部のフランジ角度を従来品比で5度大きくした金エッグ専用「新パワーフランジ構造」を採用。これまで以上にフェース面積を大きくする構造と同等の効果を実現させ、さらにフランジの段差がクラウンの変形を抑え、たわみをフェースに集中させることに成功。従来品に比べて約130%、広い高反発エリアとCOR0・86オーバーの高反発を可能にしている。

 さらに、ソールに「パワーグルーブ」(溝)を設け、インパクトでソールの変形をフェース側に集中させてフェース下部の高反発エリア拡大を図っている。このほか、高強度βチタンフェース部分の面積拡大やフェース周辺のボディーを極限まで薄肉化するなど高反発エリアを拡大させ、初速アップに貢献。とにかくやさしくつかまる・上がるヘッドに振り抜ける専用軽量シャフトを装着し、ショットの限界を突き破ってくれる。ロフト10・5度、11・5度。価格10万円(税別)。

 また、金エッグドライバーには46・75インチで専用設計の長尺モデル「金エッグドライバーLONG-SPEC」も同時発売。一発の飛びがほしいシニアゴルファーにはこちらもおすすめ。

 ■問い合わせ「プロギアお客様サービスセンター」フリーダイヤル0120・81・5600

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう