記事詳細

「220億捨てた」日本ハム・大谷のメジャー挑戦に全米が驚きの声 (1/2ページ)

 日本ハムの大谷翔平投手(23)の大リーグ挑戦について、米メディアは「数億ドル(数百億円)を捨てて来年米国に来ることを決めたとは」と驚きを持って報じている。

 大リーグでは昨年12月に成立した新労使協定により、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手は575万ドル(約6億3000万円)が契約上限で、23歳の大谷は大型契約できない。

 25歳を待って移籍すれば、契約金と年俸を合わせて総額2億ドル(約220億円)の超大型契約も可能と予想されているのに、かねてから「そこ(金銭的条件)は問題じゃない」と明言。カネにこだわらない大谷の姿勢を米メディアは「大金を諦めることを気にしていないようだ」と驚きと好感を持って受け止めている。

 米ヤフースポーツは「大谷はテーブルの上に置いてある数億ドル(数百億円)を捨てて、来年大リーグでプレーする。みんなカネじゃないというが、やはり結局はカネの話になる。しかし、大谷は1000万ドル(11億円)程度の契約で渡米しようとしている」と驚きを隠せない。スポーツイラストレーテッド誌は「大谷はバーゲン」と伝えている。

 金銭面の条件を問題にしない大谷が移籍先の球団を選ぶ際に求める条件は、二刀流を受け入れてもらえるかどうかの1点。しかし、二刀流を受け入れられる米球団は少ないのが実情だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース