記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ポスティング大混乱! 巨人・老川オーナー“マル秘”事項暴露でNPB真っ青 大谷&清宮のメジャー挑戦左右も (1/3ページ)

 日本ハムの大谷翔平投手(23)が今季終了後にポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意思を固めていることが明らかになったが、問題なのは、肝心のそのポスティングシステムだ。とかく批判が多く、大リーグ機構(MLB)側から改正の申し入れがあって、現在、日本野球機構(NPB)との間で交渉中。改定ではNPB球団側が不利になる可能性があるため、「大谷特例」なども含めて水面下の交渉が続けられている。大谷の渡米はもちろん、今秋ドラフトの目玉で将来的なメジャー挑戦を希望している早実高・清宮幸太郎内野手の進路に大きな影響を与える可能性もある。

 「巨人が“ポスティング潰し”の思惑があって故意に明かしたのではないか」

 大谷のメジャー挑戦が濃厚になった13日。都内のホテルで行われたプロ野球オーナー会議終了後、巨人・老川祥一オーナーが、ポスティングシステムの改定に関して、MLBとNPBの交渉過程を報道陣に明かしたときのこと。他球団関係者からいぶかる声が上がった。

 実は交渉過程の情報は“マル秘”扱いだった。巨人は、球団方針としてポスティングシステムによるメジャー移籍を認めていないだけに、他球団関係者が、「巨人はわざとマル秘情報を公開したのではないか」と疑ったというわけだ。それほどポスティングシステムの日米間の改定交渉はナーバスな問題だ。

 ポスティングシステムは、フリーエージェント(FA)でないNPB球団の選手がMLB球団への移籍を希望した場合に使われる。

 2013年に成立した現行制度では、NPB球団が上限2000万ドル(約22億円)の譲渡金を設定し、支払う意思のあるMLB全球団との交渉が可能となっていた。今回の改定での主な見直し箇所は、MLB球団からNPB球団へ支払われる譲渡金。要するに譲渡金額を抑えたいMLB側と、多くもらいたいNPB側のせめぎ合いだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース