記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】本命の広島・鈴木離脱でセMVP大混戦 丸、エルドレッドは…決め手に欠け

 昨季同様にセ界最強ぶりを発揮して37年ぶりのリーグ連覇へマジックを1としている“新赤ヘル軍団”にも難題がある。投票権のある記者泣かせのMVPレースだ。

 3割、26本塁打、90打点を記録して、当確だと思われた4番・鈴木誠也が好事魔多し。8月23日のDeNA戦(横浜)の右翼守備で「右脛骨内果剥離骨折」というアクシデントに見舞われ、今季絶望になったからだ。

 本人は「最強になって、またグラウンドへ戻りたいと思います」とファンへ力強い約束をしているが、MVP投票する側にとっては頭が痛い。昨季のセ・リーグ最年長MVPに輝いた39歳の4番打者・新井貴浩に続き、今季は23歳の新4番・鈴木とくれば、ドラマチックな主役継承となったのに、勝負の世界は本当に何が起こるかわからない。

 となると、誰が有力候補になるのか。14日現在、打率・308、13本塁打、79打点の不動の3番・丸佳浩。チーム最多の27本塁打、78打点をマークしているエルドレッドは、打率が・265と低く、規定打席数にも同日現在(今季残り9試合)で14打席足りていない。投手では薮田和樹がチーム最多でリーグ2位の14勝を挙げているが、いまひとつインパクトや決め手に欠ける。

 いっそのこと、リーグ連覇がほぼ確実になるまでチームを牽引した鈴木が選出されてもおかしくないか。昨季の新井は打率3割、19本塁打、101打点。鈴木も3割、26本塁打、90打点と遜色はない。それでも最後までフルシーズン働けなかった点は、MVPとしてはやはり疑問符が付く。

 パ・リーグのMVPは、前人未到の50セーブという日本新記録を達成、ソフトバンクV奪回最大の原動力の守護神・サファテが当確。両リーグ対極のMVPレースといえる。(江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース