記事詳細

真凜 初シニア SPいきなり首位発進 衣装忘れ「めっちゃ焦った」 ハプニングにも動じず納得の演技

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日、ソルトレークシティーで行われ、シニアデビュー戦の16歳、本田真凜(大阪・関大高)が女子ショートプログラム(SP)で66・90点をマークし、首位発進した。

 坂本花織(神戸FSC)は56・82点で5位。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷させた長洲未来(米国)が63・81点で3位。

 本田は慣れ親しんだ昨季の曲「スマイル」で、フリップ-トーループの連続3回転ジャンプを完璧に決めるなどノーミス。2位だった3月の世界ジュニアで出した自己ベストにあと1・45点に迫るスコアだった。

 ところが、舞台裏はドタバタ。本田は6分間練習が始まる15分前に衣装をホテルに忘れたことに気づいた。「めっちゃ焦りました」と本田。

 関係者が取りに行き、衣装が届いたのは3分前だったが、本番ではそんなハプニングにも動じなかった。

 「(高地での)体力面の不安も吹っ飛んで、自分の納得いく演技ができた。初めてのシニアは本当に楽しかった」と本田。改めて大物ぶりを世界に見せつけた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース