記事詳細

ソフトバンク2年ぶりV パ・リーグ史上最速を更新

 プロ野球ソフトバンクが16日、2年ぶりのパ・リーグ制覇を飾った。埼玉県所沢市のメットライフドームで行われた西武戦に7-3で勝って優勝を決めた。2年前のソフトバンクが記録した9月17日のリーグ最速優勝を1日更新した。南海時代の10度、ダイエー時代の3度と合わせて18度目、1リーグ時代を含めると20度目の制覇。

 工藤公康監督(54)は就任3年目で2度目の優勝。昨季は後半戦の失速で最大11・5ゲーム差あった日本ハムに逆転優勝を許したが、今季は8月15日からの8連勝、8月31日からの9連勝で2位以下を振り切り、独走状態で頂点に立った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう